第4回ハーフェレ 学生デザインコンペティション2012 アーカイブ

『1個人または1家族が使用する避難シェルターをデザインする』

【課題説明】
本年度のコンペティションでは、建築設計を学ぶ学生の皆さんに、昨年の東日本大震災で感じた想いや経験を忘れることなく、将来に活かしてもらう意味を含め、「避難シェルター」を課題のキーエレメントとしました。 

災害時の住居化を目論みつつ、例えば「ライフラインが切れた状況」、「省エネ」、「パッシブハウス」、「自給自足」、「災害時での癒し」、などをキーワードとして思い描いてみると、さまざまな空間デザインの可能性が広がるのではないでしょうか?  

各自が取り上げたキーワードを、1個人または1家族が使用する避難シェルターのデザインにおいて、何と何があれば(最低限の)生活が出来て、そしてあと何があれば豊かな生活たり得るのか・・・を考えながら、そのようなストーリーが伝わるような作品を期待しています。

【審査委員】順不同、敬称略

横河 健 
建築家・日本大学 理工学部 教授

妹尾 正治  
建築家・妹尾正治建築事務所 代表

中村 拓志  
建築家・NAP建築設計事務所 代表

カール ハーネ 
株式会社 ハーフェレジャパン 代表取締役 社長

【結果発表】(敬称略)    
最優秀賞(1作品) 
東北大学大学院
片桐 勇貴・三浦 翔太・森 翔太

ハーフェレコンペ2012

優秀賞(1作品) 
日本大学
阿部 慎也・佐藤 雄太

ハーフェレコンペ2012

入選(4作品)   
 横河賞
 北海道工業大学大学院
 山下 竜二  

ハーフェレコンペ2012

 妹尾賞
 日本大学大学院
 石原 幹太・伊藤 春樹・古江 志人・遠洞 躍斗 

ハーフェレコンペ2012

 中村賞
 芝浦工業大学大学院
 京兼 史泰 

ハーフェレコンペ2012

 ハーフェレ賞
 九州大学
 市古 慧

ハーフェレコンペ2012