アジャスター金具 プリンスアジャスターのすすめ

家具・キッチンのレベル調整に

皆様は家具やキッチンを設置する際、どのようにレベル調整をしていますか?

  • エッジ材など、薄くて硬いものを床と台輪の間に挟む
  • プリンスアジャスターで調整する

プリンスアジャスターをわざわざ用意すると、一見コストが増えるように見えます。しかしプリンスアジャスターを使うと、家具やキッチンの設置からアフターメンテナンスまで、様々な場面でメリットがあります。実際、ヨーロッパの家具、キッチンは、ほとんどがプリンスアジャスターでレベル調整を行います。

本記事ではプリンスアジャスターについて、様々な視点からご紹介いたします。

プリンスアジャスターとは?

そもそもプリンスアジャスターとは何なのでしょうか?聞き慣れない単語ですよね。

プリンスアジャスターは英語でPlinth adjusterと書きます。プリンスアジャスターのススメ プリンスとは

 

Plinthとは、もともと古典様式の建築で、柱を支える台座のことを指します。つまりプリンスアジャスターとは、家具やキッチンの台座を調整するもの、レベル調整に使う金物ということになります。

プリンスアジャスターで生産性向上!

台輪の場合とプリンスアジャスターを使用した場合を比較してみます。

■その1:台輪の場合■

  1. 台輪を作成   プリンスアジャスターのススメ ハーフェレ 台輪イメージ
  2. 台輪を搬入
  3. 台輪の位置を決め、レベル調整
  4. 家具を台輪に乗せ、家具と台輪を固定(この後の調整はかなり大変)

プリンスアジャスターのススメ ハーフェレ 台輪を使用したショーケース   プリンスアジャスターのススメ ハーフェレ 台輪による設置後のレベル調整はほぼ不可能

■その2:プリンスアジャスターの場合(アクシロ AXILOの場合)■

  1. 工場にて家具へ固定プレート取り付け(台輪を作るより簡単) 
  2. 現場で脚を取り付け、設置、レベル調整   アクシロ 幕板クリップ   アクシロ 幕板クリップ  
  3. 巾木を幕板クリップで固定
  4. 家具を設置した後でも調整可能、また、設置時間も台輪より短い

アクシロ 取り付け後

アクシロ AXILOを使用したキッチンの例

アクシロを使用したキッチン アクシロを使用したキッチン 脚元のようす

※このキッチンは、あえて幕板をすべて取り外しています

プリンスアジャスターを使うと、製作、搬入、設置、アフターまで、常に負担軽減や時短のメリットを感じて頂けます!

リフォームにも便利!

日本では空き家が増加の一途をたどる中、この問題を解決しようと民泊として活用する人が増えました。伝統的な日本家屋で日本文化を堪能してもらうなど、工夫を凝らした民泊ビジネスが活発になっています。

古民家はそのまま使用することが難しいので、リフォームが必要となります。しかし、古民家の床はガタガタで、水平が殆どとれていません。キッチンや洗面といった水回りや、家具の入れ替え時に必ずと言っていいほど必要な作業が『床のレベル出し』となります。

この問題を簡単に解決できるのが、アジャスター金具、プリンスアジャスターです。

プリンスアジャスターは、レベル出しだけではなく、キャビネットの底面の保護にもなります。キャビネットの積み込み時などは固定プレートがグライダーとなり、出荷作業が楽になります。

品揃え豊富です!

ハーフェレジャパンは、プリンスアジャスターの品揃えを豊富に取り揃えております!

【637.05.001】

基本的なアジャスターです。機能は最小限で、リーズナブルな価格が特徴です。

637.05.001 アジャスター ハーフェレ 637.05.001 アジャスター 納まり図

カタログページはこちら!

 

【637.12.229】

木製取り付けブロック付きタイプのアジャスターです。台輪に簡単に取り付けできるので、どうしても台輪を使いたい場合にオススメです。

637.12.229 アジャスター 637.12.229 アジャスター 納まり図

 カタログページはこちら!

【637.24.001】

下穴に挿入するタイプのプリンスアジャスターです。省スペースで、設置後の調整もラクラクです。

637.24.001 アジャスター  637.24.001 アジャスター

カタログページはこちら!

【プリンスアジャスターシステム アクシロ AXILO】

専用調整工具で、より早く、より精確に、より施工性高い作業が可能になったプリンスアジャスターシステムです。

プリンスアジャスターシステム アクシロ

アクシロ AXILOのカタログページはこちら!

アクシロ AXILOの商品紹介ページはこちら!

以上、プリンスアジャスターのご紹介でした。

詳しいご相談、サンプルのお問い合わせなど、ぜひお気軽にお寄せ下さい!!

お問合せ